ラリック(LALIQUE)花器 アヴァロン アンバー 15cm◆商品仕様
-----------
会社概要
会社沿革
ダッチコーヒー
物件募集
ホリーズカフェの出店用物件について、情報募集しています。
-----------

会社概要

-----------

ラリック(LALIQUE)花器 アヴァロン アンバー 15cm:輸入ブランド洋食器専門店2本の剣 - d0046

2019-09-10
カテゴリトップ>2本の剣おすすめの【逸品】>新入荷商品
生産国フランス
(Made in France)
素材クリスタルガラス
(lead glass)
16cm
高さ15cm
ブランドBOX付属しておりません


ラリックの魅力は伝統的サティナージュ

1931年にルネ・ラリックがクリアのガラスでデザインした、アヴェロン。
アヴァロンはフランス東部ブルゴーニュ地方の町の名前です。
フランス、ブルゴーニュといえば、ワインの製造で有名な地域。
この実り多い森でさえずる小鳥たちをイメージしてデザインされました。
しばらく生産されていませんでしたが、森に注ぐ西日の光のようなアンバーカラーで復刻されています。


ラリック社は1926年、アール・ヌーヴォーがトレンドのパリで
“ルネ・ラリック(Rene Lalique)”により設立されました。

アール・ヌーヴォーとは19世紀末から20世紀初頭、
ヨーロッパを中心に開花した美術革命的な運動で“新しい芸術”を意味します。

ルネ・ラリックは20世紀初頭にフランス・アルザス地方の
ヴィンゲン=シュール=モデールに工場を建設して以来、
多種多様な加工技術を開発し、一流の職人を育成。

クリスタルの原材料となる坩堝作りにおいても
専門の職人を配置する徹底した手作業の工程は、
現在でも継承されており、1脚のグラスであっても
10人以上の工程を経て製造されます。

ラリックの特徴の一つである曇りガラスは、
フランス語で“サティナージュ”と呼ばれる
歴史ある伝統的な艶消し(フロステッド)加工技法で、
光はガラスを透過せず、一体化した優しい輝きを生み、
世界最高峰の逸品の彩りが完成するのです。

創始者ルネ・ラリック(1860-1945)

ラリック社の創立者ルネ・ラリックは“モダンジュエリーの先駆者”と
称賛されたアール・ヌーヴォーの宝飾工芸を代表する職人であり、
後にガラス工芸に転向してアール・デコも牽引した工芸家。
世界的ブランド“カルティエ、ブシュロン”などの宝飾デザインも手がけた。

1860年にシャンパーニュ州に生誕し、
パリとロンドンで装飾工芸を習得する。
1885年からアール・ヌーボー様式で名高いジュエリー作品を次々に発表。

宝飾デザインの世界に革命的な変革をもたらし、
1900年の“パリ万国博覧会”でその名は世界的に有名となり、
5年後には老舗ジュエラーのひしめくヴァンドーム広場24番地に店を構え、
当時のラリックは最先端のモダンジュエリーの代名詞と言われた。


ヴァンドーム広場(Place Vendôme)

1907年には香水商フランソワ・コティの依頼を受け、香水瓶をデザイン。
繊細で美しい香水瓶を量産する事に成功すると、
ルネ・ラリックのデザインした香水瓶は世界中の女性の憧れとなり、
ラリックはガラス工芸の道を歩み始める。

フランス製 ラリック社 / ルネ・ラリック(Rene Lalique)/ 花瓶 ベース イエロー
価格
226,800円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
●2〜5営業日以内に出荷
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く

(2015年4月現在)
上へ戻る 上へ戻る
---------